So-net無料ブログ作成
検索選択

山田孝之、日本アカデミー賞に憧れ? [芸能]

俳優の山田孝之が17日、都内で開催された主演作『映画 山田孝之3D』の公開記念舞台挨拶に、芦田愛菜、松江哲明監督、山下敦弘監督とともに出席。山田は、「なんとかして!まずは日本アカデミーに呼んでもらえるように。(役者業を)18年やってて今だに声がかからない。なんとしでも、どんな手を使ってでも賞を獲りたいと思います」とジョークとも本気ともとれぬ“山田節”を炸裂させた。本作は、1月から放送されたドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』(テレビ東京系)を通じて生まれた、謎多き山田の思考に迫る3D映画。本年度のカンヌ映画祭に正式応募も果たした。

スポンサーリンク



 主演の山田は「なんとか(上映を)止めようとしたんですけど、止められなかった。チャップリンの『独裁者』以来、全国何館でスクリーンが破かれるか心配しています」と挨拶。

 「山田孝之 全告白」というテーマに悔いはないか質問され「あります。後悔しかありません。何とか上映を止めたかった」と即答。さらに「試しに実験でやってみたんですけど、失敗した」と鑑賞前の来場者にあられもないコメントを発し、本イベント前の舞台挨拶(上映後)では「シーンとしていた。『ムカついた方いますか』と聞いたら5、6人いた」と明かした。

 同作に友情出演した芦田が、瞳を輝かせ「自分のことを知ろうとする山田さんが、カッコいいと思いました」と伝えると、山田はうつむいて照れ笑いを浮かべる一幕も。
 
 また、いつか芦田のような大人になると公言している山田。芦田が「賞を獲るのが目的で映画を作る思いはないと思いますが……」と山田に問いかけると「賞のことしか考えていません。いい芝居、いい映画、いい俳優、どうでもいい!です。賞のことだけ!を考えて生きていきます。なんとかして!まずは日本アカデミーに呼んでもらえるように。18年やってて今だに声がかからない。なんとしでも、どんな手を使ってでも賞を獲りたいと思います」と宣言。会場が笑いに包まれる中、「まずは貯蓄を増やしてみます」と吐露した。 スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。